低用量ピルでニキビを治す

低用量ピルがニキビに効果的な理由

低用量ピルは一般的に避妊に使うことが多いのですが、ニキビの改善にも利用することができます。
生理前になるとニキビができる方も多いのではと思いますが、これは男性ホルモンや黄体ホルモンの量が多くなるからなのです。
誰もが男性ホルモンや女性ホルモンを持っていますが、このバランスが悪くなりますとニキビができてしまいます。
ですので低用量ピルによってニキビの原因となる黄体ホルモンや男性ホルモンの働きを抑えます。これでホルモンのバランスを整えられるのです。
ただ低用量ピルの中には本来の効果と逆効果が出てしまうネガティブフィードバックの可能性のあるものもあるのですが、低用量ピルの中でもそのような効果の少ないものを選ぶと安心です。
逆にニキビが出来過ぎてしまう可能性を押さえることができます。
ちなみにこれでニキビが抑えられるのはホルモンのバランスが崩れてニキビができる場合です。
ニキビができる原因には色々なものがありますが、例えば洗顔に問題がある場合や食生活に問題がある場合などの、ホルモンに関係しないニキビの場合には効果がそれほど見込めません。
また低用量ピルによってニキビを改善できる人の条件もあります。
例えば35歳以上の喫煙者や妊娠している方の場合はこの薬によってニキビを改善する事は避けてください。
高血圧や腫瘍のあるの場合でも避けなければいけません。
低用量ピルは色々な目的で利用することができ、今ではお肌の悩みに対しても処方してもらえるようになりました。
ついでに生理痛が改善される場合もありますのでピルによって改善することも考えてみるといいでしょう。
体の内側からニキビを抑えられますのでニキビ跡を心配する方にもおすすめです。