低用量ピルでニキビを治す

生理が来ない低用量ピル服用、生理を起こした場合は?

低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの合剤で、これらは女性の卵巣で自然に作られるホルモンです。エストロゲンとプロゲステロンが同時にでるのは、女性の自然の周期では排卵してから生理が来るまでの間と妊娠している時です。低用量ピルを使用することは、排卵後から生理が来るまでの時期、妊娠している時と同じ状態をつくることとも言えます。
この作用を利用することで、ホルモンバランスが崩れているため不正出血を起こしている、生理の予定をずらしたい、生理がこないので生理を起こしたい場合、生理痛がひどい場合、月経前緊張症の場合、避妊をしたい場合などです。
生理がこないため生理を起こしたい場合にはリズムを作り生理がくることを目的に低用量ピルを投与する場合があります。生理不順などで周期がバラバラであったり、3ヶ月以上生理がこない人に数ヶ月投与します。
ピルは生理の日程を変更することも可能です。生理を起こした場合や生理を遅らせる場合です。旅行やイベント、試験、スポーツの試合などが生理の時期であると結果などに影響があると考える場合、一時的に中用量ピルを利用してスケジュールに生理が重ならないようにすることが可能です。先に生理を起こした場合の方法は、前回の生理が始まって5日目くらいからホルモン剤を内服します。先に生理を起こした場合の3~5日前に内服を止めます。この方法は、ホルモン剤内服の副作用や生理前の不快な症状はないため、体調もよいため、様々な予定のスケジュールをたてることが可能になります。2ヶ月くらい前からの調整が必要になるため、時間に余裕が必要になります。
生理の日程を後ろにずらす方法は、時間的に余裕がない場合は、この方法です。生理開始日の3~5日前からホルモン剤を内服し、生理が開始しても問題ない日になった内服を終了します。吐き気などの副作用は否定できないため、できるだけ前にずらす方法が良い選択です。